ぷみたろブログ

カメラ・車・旅行が大好きな趣味のブログ

F1

衝撃展開!F1 2016 第5戦 スペインGP

2016/05/21

WR0A2959

F1 2016 第5戦 スペインGP決勝の結果ですが、

なかなかドラマティックな展開となりました。

 

スポンサーリンク

まさかの同士討ち

これがきっかけで、スペインGPが劇的に盛り上がったきっかけになりました。

 

まさかのオープニングラップで、優勝間違いなし!のメルセデスAMGの

ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグが同士討ちで、リタイア。

 

ニコがスペースを塞ぐのが、早かったようにも見えましたが、ハミルトンのほうが、あせって仕掛け損ねたように見えました。

まぁレーシングアクシデントですね。

 

これがきっかけで、めっちゃ盛り上がりました。

 

これまでならば、フェラーリが優勝最有力なのですが、

今回はレッドブルが速い!

 

優勝争いは、レッドブル vs フェラーリに。

 

まさかのレースを制したのは

レースを制したのは、フェルスタッペンでした。

若干18歳で、ベッテルの最年少優勝記録を更新。

 

さらに、今回のスペインGPから、トロロッソからレッドブルに昇格したばかり。

レッドブルデビュー戦での優勝ですよ。

 

なにこの強運!

これはスターになる素質がありそうですね。

 

父:ヨス・フェルスタッペンの子として、2世ドライバーということで、

注目度優先かと思い、あまり好きではありませんでしたが、

終盤のライコネンの猛烈なプレッシャーを押しのけての優勝ですので、

実力は本物っぽいですね。

 

レッドブルのピット戦略は意図的なのかどうか

優勝を左右したのは、ピット戦略でした。

D.リカルド:3回

M.フェルスタッペン:2回

のタイヤ交換でしたが、シミュレーションでは、3回が速いが、ここは抜けないサーキットなので、2回のほうがベター。

 

ピット戦略を分けるのは、リスク分散で理解できますが、

なぜ、エース リカルドのほうが2回ではなかったか、ですね。

 

レッドブルは、フェルスタッペンを勝たせたかったのかな?と思っちゃいました。

 

個人的には、、、

個人的には、ライコネンの大ファンなので、優勝まであと一歩だっただけに、

悔しい思いです。

 

しかし、F1界にとっては、ニューヒーロー誕生で、よかったのではないでしょうか!

 

しかし、メルセデスがいないとレースが面白い♪

いや、メルセデスが悪いわけではないですけど、絶対王者がいないと混戦で盛り上がりますね。

 

フェルスタッペン優勝の陰で

今回のフェルスタッペン優勝の影で、一番かわいそうなのは、

ダニール・クビアト。

 

今回のスペインGPから、フェルスタッペンと交代で、トロロッソに降格しました。

本人は、見返す気まんまんだったと思いますが、

交代した相手が、即優勝。

 

これはきつい。

心中お察しします。

 

とまぁ、今回はメルセデス不在の混戦で、非常に盛り上がりました♪

フェラーリもメルセデスを追う前に、レッドブルがライバルに浮上してきて、

さらにプレッシャーがかかりそうです。

 

フェラーリが速くないとF1界が盛り上がらないので、

がんばれ、フェラーリ、ライコネン、ベッテル。

-F1