ぷみたろブログ

カメラ・車・旅行が大好きな趣味のブログ

F1 カメラ

F1 2015 日本グランプリ 第14戦 鈴鹿観戦記(金曜日)

2015年に観戦しました、F1 日本グランプリの観戦記(9/25-9/27)になります。

 

F1観戦は、2011年以来の4年ぶり。

2016年は、僕の崇拝する、キミ・ライコネンがフェラーリを首になりそう(?)な雰囲気がありましたので、

ライコネンのラストランを見るために、チケットを確保しておきました。

 

なぜ、ライコネンが復帰してから行っていなかったというと、

 

 

F1マシンがカッコ悪かったからです。

 

段差ノーズとか、あのノーズとかですね。

やっぱカッコよくないと、F1じゃないですよね。

 

さすがにひどいデザインということで、レギュレーションも見直され、

ちょっとはマシになったかな。

 

チケットは、カメラマンエリアチケットのヘアピン入場可のものに、

7P駐車券(未舗装)付きのものにしました。

 

今回はライコネン最後かも(最後じゃなかったですが、、、)ということで、

カメラも気合を入れて、

Canon EOS 7D MarkⅡ + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USMの組み合わせで、参戦です(気合入れてます)

これにさらに、初めて一脚を導入。

以前、カメラ+望遠レンズを1日持ってると、段々手が疲れてきて、写真撮影が大変だったので(汗)

 

ただ、カメラマンエリアチケットは、指定席ではございません。

場所は早い者勝ちです。

サバイバルなのです。

幸い、名古屋から出発ですので、鈴鹿は近めです。ラッキー♪

 

当日は、朝5時に出発し、6時過ぎには、鈴鹿サーキットに到着しました。

サーキットの駐車場なので、近くて楽チンですね♪

歩いてすぐに、正門に着きました♪

 

メインゲート前に到着すると、7時前でしたが、既に結構並んでいる(驚)

みんな本気すぎる(笑)

DSC04604

天候はあいにくの雨模様(小雨)なのが、残念。

 

ゲートオープンの8時までじっと過ごし、8時のオープンとともに、場内へ。

まずは、カメラマンエリア用のビブスを受け取り、ヘアピンへ向かいます。

サーキット入り口から、ヘアピンまでは結構遠い(泣)

 

急ぐあまり、頭にかけたタオルを落としてしまい、

後ろの人に拾っていただきました。(ありがとうございました)

 

その人からは、「今日は金曜で、雨なので、そんなに急がなくても、ヘアピンは大丈夫ですよ」と。

 

いやはや、お恥ずかしい(恥)

完全に行動がばれてます(笑)

 

はぁはぁ息を切らしながら、何とかヘアピンエリアに到着し、場所を確保。

一安心です♪

久しぶりな、この風景です。

 

さて、本日は若干雨ですので、F1マシンが走ってくれるか、心配でした。

というのは、明日、あさっては晴れなのです。

晴れと分かっていれば、雨の中、雨用セッティングで走ってもしょうがないですからね。

あと、スピン等してマシンを壊すリスクもありますし。

 

という心配とは裏腹に、各チーム雨の中、フリー走行1から、結構走りこんでくれました。

これは鈴鹿サーキットが難関なサーキットだから走りこむのか、はたまたF1大好き日本ファンへのサービスなのか。

とってもうれしい誤算でした♪

 

カメラの設定は、シャッタースピード優先にし、シャッタースピード 1/250secほどで撮影。

レンズの設定は、手振れ補正モード2 (流し撮り用)

本当はもう少し、シャッタースピードを落としたいけど、ブレブレ写真を量産しちゃうから(笑)

 

で実際に走っているF1を見ると、

 

やっぱ、走ってるF1はカッコいいーーーーーーーーーーー!

 

音は、V6+ターボ、回転数も以前より低く設定されているので、

昔のV8のころと比べると、迫力、甲高さがなくなり、残念ですが、まぁしょうがないですね。

 

マシンが目の前を走るたびに、カメラでその動きを追います。

数年ぶりですので、勘を取り戻さねば!

 

大好きなライコネンを撮るときは、緊張しちゃいますね(笑)

 

FP1(フリープラクティス1)が終わると、メイン会場へ。

昔と比べると、展示物、ブースが減ったような。。。

DSC04614

DSC04616

 

メインステージでは、レジェンドF1ドライバー

ゲルハルト・ベルガー氏のトークショーをやっていました。

WR0A3054

あまりこのようなイベントには出演しないそうですが、

日本ということで、来日したそうです。

こういってもらえると、うれしいですね♪

 

ベルがーというと、アイルトン・セナと組んでいたマクラーレン・ホンダ時代が

思い出されます。

 

マクラーレン・ホンダ時代に記録した、鈴鹿サーキットのコースレコードも2001年まで破られていませんでしたし。

 

 

マクラーレン・ホンダブースには、なんとフェルナンド・アロンソ選手が登場

ホンダのエンジンに泣かされ、不本意なシーズンになっていますが、ホンダの母国、日本のファンのために、

走ると力強く語ってくれました!

WR0A3048

WR0A3046

 

 

このF1開催中の、お祭りな雰囲気がとっても好きです♪

 

■フェラーリ:キミ・ライコネン

F1観戦のお目手、ライコネン。

日本人には、一番人気かな

WR0A6400

WR0A2756

WR0A2895

WR0A0599

 

■フェラーリ:セバスチャン・ベッテル

レッドブル時代は無双過ぎて、あまり好きではなかった。

レッドブルという最速マシンのおかげと、ちょっと思っていましたが、

4回のワールドチャンピオンは、フェラーリでも速かったです。(ごめんなさい)

WR0A4406

WR0A1106

WR0A0955
WR0A0276

 

■メルセデス:ルイス・ハミルトン

最強!メルセデス。今年のチャンピオン。

強すぎて、叩かれてます(笑)

WR0A2069

WR0A3553

WR0A3777

 

■ルセデス:ニコ・ロズベルグ

ニコががんばらないと、ハミルトンの独走になってしまう。

WR0A0078

WR0A0716

WR0A2776

 

■マクラーレン・ホンダ:フェルナンド・アロンソ

ホンダF1復帰で、マクラーレン・ホンダという、ゴールデンタックル誕生!

だが、まだまだ発展途上。

WR0A1957

WR0A5830

WR0A5888

 

■マクラーレン・ホンダ:ジェイソン・バトン

道端ジェシカの旦那。離婚しちゃいましたけど。

WR0A1017

WR0A4836

WR0A5407

-F1, カメラ