ぷみたろブログ

カメラ・車・旅行が大好きな趣味のブログ

F1

2017 F1第4戦 ロシアGP

2017/05/03

F1 第4戦ロシアGP

予選でフェラーリのワンツーと確実に去年までとは違う展開になりそうな2017年シーズン!

フェラーリのフロントロー独占は2008年フランスGP以来とのことなので、9年ぶりですか。

決勝もどうなるか楽しみ♪

 

スポンサーリンク

決勝の展開

マクラーレンホンダのアロンソはフォーメーションラップでエンジントラブルでリタイア。

まさかスタート前にレースが終わるとは!

スタートで前に出たのは、メルセデスのボッタス。ベッテル、ライコネンが若干出遅れた感がありました。

ボッタス、ベッテル、ライコネン、ハミルトンの序列で進んでいくレース。

ハミルトンはオーバーヒートの症状を抱え、上位に挑める状態ではない。

ボッタスのペースにフェラーリ陣がついていけなく差が広がっていく展開。

中盤のタイヤ交換以降は、フェラーリが猛烈な追い上げ。

ボッタス、ベッテルのペース差と残り周回数を考えるとベッテル優勢と思われましたが、ボッタスもペースを上げ、ベッテルの追い上げを振り切り、そのままチェッカーフラッグを。

F1初優勝のボッタス、おめでとうございます♪

レース自体は終盤のボッタスvsベッテルぐらいで、あとは目立った展開もなく、終始つまらないレースでした。

レッドブルは完全に空気でしたし。

 

フェラーリ予選ワンツー

これまでは予選で異次元の速さを見せていたメルセデス。

それをフェラーリを上回り、面白い展開になりました。

決勝ではなかなかオーバーテイクが難しそうなので、予選、スタートが相当重要になりますね。

特にライコネンのスタートの悪さは(^-^;

なんとか改善してもらいたいです。

 

メルセデス ボッタスの覚醒

まさかスタートでボッタスが先頭に立ち、そのまま優勝するとは想像していませんでした。

なかなか侮れない存在になっていくかもしれません。ハミルトンも段々余裕がなくなっていくかも。

 

メルセデスエンジンは予選時にオイルを燃焼し、エンジンパワーを上げてる疑惑があり、それが規制されたとたんにフェラーリの予選ワンツーですから、その真偽はどうなんでしょうかね?

 

マクラーレンホンダ

前戦のトラブルの改良版を持ち込んだホンダ。

しかしアロンソはスタート前にトラブルでリタイアと改善が見られないホンダ。

トラブルなく感想したバンドーンも14位ですし、信頼性、性能ともに厳しい状況。

アロンソは絶対今期でチームを去る決意をしたと思いますよ。

 

来季はザウバーにもエンジン供給が決定した模様。

ザウバーも資金繰りが厳しいので、かなり格安でさらに日本人ドライバーの受け入れの可能性もあるとのことなので、金に目が眩んだ感じでしょうね。

今のザウバー代表カルテンボーンなら全然驚きません。

2チーム供給かと思いきや、マクラーレンがメルセデスエンジンになったら面白いんですけど(笑)

-F1
-,