ぷみたろブログ

カメラ・車・旅行が大好きな趣味のブログ

F1

F1 2016 日本グランプリ 第17戦 鈴鹿観戦記(土曜日)

前回の記事よりだいぶ間が空いてしまいました。

写真の整理に時間が取れなくて、さぼっちゃいました(^_^;)

 

2016年10月8日

F1鈴鹿 2日目です。

今日も朝3時に家を出発し、鈴鹿へ向かいました。

当初、土日は雨でしたが、土曜は曇り、日曜は午後より晴れそうとの予報で

やったぜ♪って感じです。

出発した早朝は雨が降っていましたが、観戦時間に振っていなければ問題ないですね。

 

スポンサーリンク

鈴鹿2日目

鈴鹿には早朝4時過ぎに到着。

駐車場の警備の方は24時間体制で対応していました。

ありがたや、ありがたや!

 

到着後、すぐにメインゲートへ場所取りへ。

既に3列目ぐらいは確保されていました。おそらく現地滞在組でしょうね。

場所を確保したら、いったん車で休憩。

F1観戦は歩く距離も多く、野外なので体力の消耗も激しいので、体力温存は大事ですね!

 

8時ゲートオープンなので、7時ごろに確保した場所へ

dsc_0044_1

朝はまだ雨が降っていましたが、既に結構な行列ができていました。

 

dsc_0045_1

確保した場所より

ぎりぎり屋根がある場所でしたので、濡れずにすみました♪

 

8時にゲートオープンですが、走らないように、先頭で係員がロープを張り、サーキットの入り口まで先導してくれました。

ちなみに去年の土日も同様でした。

このほうが走らなくもよいので、助かります(^_^;)

でもみんな早歩きで追い越せ追い抜けな感じで歩いているので、結構殺伐とした感じですが。

 

サーキットの入り口まで先導してもらい、列が落ち着いたところで、サーキットのゲートがオープンし、正式によーいドン!で場所どりのマラソンの開始です。

 

これが本当にしんどいんですよ。

朝も早くからマラソンですからね。

今日はFP3は逆バンク。予選はヘアピンで観戦予定です。

 

なんとか場所を確保したのち、サーキットのメイン広場あたりをうろうろ。

dsc09737

dsc09740

dsc09741

メインステージでは、佐藤琢磨のトークショー

写真で見てわかりますように、すごい人です。

佐藤琢磨のアメリカGPでの3位表彰台は感動しましたからね。

もっとF1で走ってほしかったですが、クラッシュも多かったのが残念でした。

 

dsc09744

ルノーチームのトークショー

ドライバーは

ケビン・マグヌッセン

ジョリオン・パーマー

 

dsc09746

フォースインディアのトークショー

ニコ・ヒュルケンベルグ

セルジオ・ペレス

ザウバー時代は小林可夢偉のチームメイトだったペレス。

バックにビックスポンサーがいるとはいえ、卓越したタイヤマネージメントで表彰台ゲットしていたりと、光るものはあります。

ペレスより速かった可夢偉がF1に残れなかったので、モヤモヤしている人も多いかも(^_^;)

 

F1ドライバーはみんなナイスガイですよね。

トークにもユーモアがあり、鈴鹿、日本を愛しているのが伝わってきて、楽しかったです♪

なかなかドライバーもトークは聞くことが出来ないので、貴重な経験が出来てよかったです。

 

FP3/予選

天候は曇りで、雨は降っていなかったですので、観戦はしやすい天候でした。

晴天ですと、1日で真っ黒にやけちゃいますからね。

計画通り、FP3は逆バンク、予選はヘアピンで撮影しました。

下手くそな写真ですが、お付き合いくださいm(__)m

 

■予選1位:メルセデス:ニコ・ロズベルグ

tt2a0895

tt2a1630

ぷみたろの観戦していたヘアピンエリアでは、ハミルトンがポールタイムを更新すると、

「あ~ぁ」、と溜息が聞こえ、最後にロズベルグがポールを取り返すと、

歓声が上がりました。

これはハミルトンがポールだと、そのままワンサイドで優勝してレース展開が詰まらなくなるからなのか、

はたまたロズベルグの人気なのかは不明ですが。。。

 

■予選2位:メルセデス:ルイス・ハミルトン

tt2a1279

tt2a1816

後半戦、いまいち波に乗れていないハミルトン。

前戦のマレーシアでトップを快走しながらのリタイヤは大きかったかも。

あれがなければ、逆転首位だったのに。本当にそれがモータースポーツの怖いところですね。

 

■予選3位:フェラーリ:キミ・ライコネン

tt2a0783

tt2a9600

tt2a2808

tt2a3958

ぷみたろが大好きな、ライコネン先生!

鈴鹿は得意&調子もよさそうで、ベッテルよりも前でした。

しかし、ライコネンが予選でベッテルよりも前になると、なにかしら不吉なことが良く起こる(笑)

 

※9日(日曜)のお昼頃に、ライコネンのギアボックス交換ペナルティのため、5グリッド降格となりましたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

これがなければ表彰台が見えたのに。これがベッテルの呪いか。

 

■予選4位:フェラーリ:セバスチャン・ベッテル

tt2a0371

tt2a2233

ベッテルも4位となんとかレッドブルの前をゲットのフェラーリ。

ベッテルも前戦のペナルティで3グリッド降格。

 

■予選5位:レッドブル:マックス・フェルスタッペン

tt2a1862

tt2a1868

脅威の18歳(19歳)

速いんですけど、ブロックの際のライン変更等、レーシングマナーが今一つ。

よくライコネンの前を走っており、あのライコネンが怒るぐらいですから、よっぽどかと思います。

本人は全く反省していないので、いつか大事故が起きなければいいんですけど。

 

■予選6位:レッドブル:ダニエル・リカルド

tt2a1845

tt2a1839

リカルドは速いし、レース、オーバーテイクうまいですよね。

ただチームがフェルスタッペンに力を入れているように見えるので、如何に!?

 

■予選12位:ウィリアムズ:フェリペ・マッサ

tt2a0038

tt2a1613

マッサンも鈴鹿ラストラン

フェラーリ時代はNo.2ドライバーとしてチームを支えてました。

えぇ、No.2が似合います(笑)

 

■予選15位:マクラーレン・ホンダ:フェルナンド・アロンソ

tt2a1895

tt2a1897

去年は散々だったマクラーレンホンダ。

今年は戦闘力をあげてきたのに、去年よりひどい結果とは。

アロンソ曰く、コーナーの出口でアクセルを踏めないとか。

どういうことかと言うと、ダウンフォース、メカニカルグリップが足りないく、コーナーの出口でアクセルオンすると滑って、エンジンパワーが伝えられないらしい。

マクラーレンはずっとホンダ批判していますが、やっぱりシャシーにも問題は多いと思います。

ホンダも早くほかのチームへエンジン提供してほしいですね。そうしないとどちらに問題があるかがわかりづらい。

元々マクラーレン・ホンダ最強時代もシャシーの性能不足をエンジンパワーで補っていたはずですので、マクラーレンのシャシーはいまいちだと推測。

 

■予選17位:マクラーレン・ホンダ:ジェイソン・バトン

tt2a2046

tt2a2051

来年は休養のバトン。

鈴鹿では優勝もしているので、鈴鹿は得意なはず。それでこの結果は相当マシンに問題ありですね。

 

■8, 10位:ハース

ハースがまさかのTOP10入り。鈴鹿はマシンのバランスとドライバーテクニックが要求されるコースなので、この結果は意外!

ダークフォースですね。

 

F1日本グランプリ前夜祭

dsc09754

去年も参加しました、前夜祭。

メインスタンドに行列ができていたので、並びました。1時間ぐらいは並びましたでしょうか?

去年の反省を活かし、今年はゲストの席が見やすい場所の列に並びました!

dsc09757

確保した席からの景色はこんな感じ。メインスタンドは傾斜が結構急になっていますので、怖いです(笑)

tt2a6095

流石はお高いメインスタンド!

ピットの様子もよく見えます♪

 

dsc09763

肉眼ではこれぐらいの大きさで見えます。

tt2a6102

暗いですが、国歌斉唱のリハーサルも行っていました。

 

tt2a6096

佐藤琢磨、中嶋一貴のトークショー

日本のF1ブームを支えたお二人です。
tt2a6117

トロロッソのトークショー

本当にF1ドライバーは好青年なナイスガイが多いです。

鈴鹿を好きって言ってもらえると、日本人としてうれしいですね。

 

tt2a6124

いよいよメインのフェラーリのトークショー

生ライコネンキターーーーーーー!

tt2a6167

フェラーリのライコネン、ベッテルのトークショー

フェラーリのトークショーはあまりないので、本当に貴重な場ですよね。

ライコネンとベッテルのトークも楽しかったです♪

ライコネンも予選好調だったので、冗舌だったような気がします♪(降格前ですので)

 

フェラーリの後にもトークショーはありましたが、帰宅しないと明日がきついので、ここで撤収です。

 

tt2a6171

帰りにはメインステージでメルセデスのトークショーも。

人気チームのトークショーは時間帯をずらしてほしいですよね。

 

さて明日はいよいよ決勝、F1ウィークも最後です。

目いっぱい楽しむために、早く帰ってお休みです。

-F1