ぷみたろブログ

カメラ・車・旅行が大好きな趣味のブログ

コーヒー

美味しいアイスコーヒーの淹れ方!

2016/07/05

qwalq / Pixabay

日中は30℃を超える夏日が増えてきて、暑くなってきなしたね。

 

コーヒー好きのぷみたろはホットコーヒーが基本ですが、

さすがに暑い時には、すっきりアイスコーヒーを飲みたいときもあります。

 

自宅でアイスコーヒーを作ると、キンキンに冷えなくぬるくなったり、味が薄くなったりしませんか?

今回は美味しいアイスコーヒーの淹れ方をお教えいたします!

 

スポンサーリンク

美味しいアイスコーヒーの淹れ方

①使用する豆

アイスコーヒーとは、酸味の少なく、コク、苦みが多いもののほうが相性がいいです。

僕がよく買う豆は、スターバックスの豆なのですが、「エスプレッソ ロースト」、「カフェ ベロナ」あたりをよく買います♪

ミルクとの相性も抜群なので、アイスカフェラテにももってこいです!

②コーヒー豆の分量はいつも通り

DSC09275

コーヒー豆の分量は、いつも通りでかまいません。

 

③水の分量はいつもの半分に!

DSC09276

重要なのは、水の分量です。

水の分量は、いつもの半分です。「えっ、少なくない?」とお思いかもしれませんが、

コーヒーを注ぎますと、氷が融けます。融けた分だけ味が薄くなりますので、

その分を考慮して、初めから濃いめのコーヒーを準備しておくことが、ポイントです!

 

DSC09277

この状態でコーヒーメーカー等でコーヒーを作ります。

 

④コップ一杯に並々と氷を入れる

DSC09278

コーヒーカップからあふれんばかりに氷を入れてください。

ここでケチると、ぬるいコーヒーになってしまいます!

熱いコーヒーを一気に冷やすためにも、コップの淵付近まで、氷を入れるのがポイントです!

 

⑤作りたてのコーヒーを注ぐ

DSC09279

 

出来立てのコーヒーを氷をいっぱいいれたカップに注いでいきます。

「アツアツのコーヒーを注いだら、氷が融けちゃわないの?」と思うかもしれませんが、

意外と融けないものです。

 

DSC09280

コーヒーを注いで、ちょっと待つと、キンキンに冷えたアイスコーヒーの出来上がりです♪

 

入れたてなので、コーヒーの香りもいいですし、キンキンに冷えていますので、

スッキリ飲むことができますよ。

 

まとめ

ここで説明しましたようにアイスコーヒーを作りますと、美味しいアイスコーヒーを作ることができますので、

おススメですよ!

ぜひ、これからの暑い時期に試してみてください。

 

アイスコーヒーを作りますと氷を大量に消費しますので、たくさん作っておくことをお勧めします(笑)

-コーヒー